読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴろしBLOG

都内理系大学生の雑記

映画の夏にハリーポッター作品を見る(賢者の石)

今週のお題「映画の夏」

映画の夏ということでハリーポッターを毎日1作品ずつ見ていきます。昨日はハリーポッターの初作品、ハリーポッターと賢者の石を鑑賞しました。

作品の第一印象はまず登場人物が若いこと。ハリーポッターは一応最終作まで見ていたので、初めの頃の作品のハリーやハーマイオニーを見ると成長が感じられ時の流れを感じます。

また、CGのクオリティーも絶妙に良いです。賢者の石は2001年に作られた映画です。現在のような細部に至る高いリアリティ性は無いけれど、作り物感の無い高い完成度の作品となっています。2000年以前の映画と以降の映画のリアリティ性の隔たりを感じさせるCGとなっています。

本を読んでから映画を見たので、地下の部屋に賢者の石を探しにいくシーンをもっと時間をかけて観たいと感じました。

ハリーポッターは音楽が良いです。エンドロールで聴き入ってました。